Pocket

 

どうも、でぶあずきです。

 

前回の記事では、私が入社した部署の

仕事内容をお送りしてまいりました。

 

今回は、前の記事の文末で記した

『立ち会い』の内容を、もう少し詳しく

お送り致します。

 

※綴っていく中で、です・ます体が抜けてしまいますがお許しください。

 

 

スポンサードリンク



 

客先に立ち会う

 

機械を使用している客先に立ち会うのは、

実は全ての客先に対して行っているのではなく

客先から要望があった場合にのみ行っています。

 

スポンサードリンク



優先順位

先ほど、立ち会いは客先から要望があった場合のみと

書きましたが、更に掘り下げまして立ち会いに関しては

機械購入時の契約状況で、また変わってきます。

 

それは、保守契約と言う機械メンテナンスの

契約をした客先が優先的になります。

 

保守契約を結んだ客先に対しては、要望があった際の立ち会いに加え、

通常の修理対応に関しては年間契約料金を払っているため、

修理時の料金は部品代(消耗品だけ)のみで工賃・交通費無し。

繁忙期前の機械点検も必ず実施する決まりになっています。

 

保守契約を結んでいない客先、つまりは通常の

契約で機械を購入した客先は、修理の際に

部品代+工賃+交通費の請求が発生します。

(ただし、こちらの契約の場合でも要望があった場合は立ち会いを行います)

 

厄介なところ

先ほどの保守契約の内容と立ち会いに関しては、

要望があった場合と記述致しましたが、

実は関東エリアで1件だけ非常に厄介な客先があったのです。

 

経営者は元〇〇

実はこの客先、私の先輩社員が教えてくれたのですが

経営者(いわゆる社長)と、その社員数人が元は893さんだと言うのです。

 

今ではだいぶ丸くなってはいるそうですが、

この会社が出来始めた頃はどうやら皆さま

血の気が多かったらしく、こちらの技術部長が

客先の社員に胸倉をつかまれたりとか、

客先から色々難癖や無茶な注文をしてきたりと

結構悩まされてきていたそうで、こちら側は

なるべく相手先の機嫌を損ねないように色々と

サービスを行うようになり、現在では

繁忙期は必ず立ち会う事になっているそうです。

 

※(色々とサービス:商品の値段を安く販売。機械の保証期間を1年から2年にしたりとか)

 

 

それでも行く

やっかいな客先であっても、商品を購入・使用して

いただいているお客様であることは、変わりありません。

 

入社して初めて衝撃を受けましたが、

これからも伺う機会があるし、厄介な客先は

ここの1件のみなので何とか耐えられるかなと

思うようにしたのです。

 

~続きます~

 

でぶあずき

 

スポンサードリンク



 

 

ブログランキングにも参加しました!! 
よかったら応援のクリックお願いします (*´д`*)

日記・雑談 ブログランキングへ

 

Pocket