Pocket

どうも、でぶあずきです。

 

早速、前回の記事の続きを書いていきます。

 

1年間のグロサリー部門

アルバイト入社したスーパーで、グロサリー部門に配属。

 

その後、約1年ほど働いていたある日、店長さんから

部門の異動をお願いされて、翌日か2日後か忘れてしまいましたが

店内を闊歩し商品を並べていく、グロサリー部門から・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

青果部門

 

コチラに異動になりました。

8割裏方仕事になり、包丁片手に仕入れた野菜や

果物を切って袋やパックに詰めて売り場に持っていく・・・。

 

 

 

 

 

 

 

なんとピッタリな仕事でしょう!(笑)

 

グロサリーとは違い、商品の種類も数量も覚えやすいし

何より仕事に集中できるので何だか楽しかった記憶があります(笑)

 

やってみて分かってきた事

青果部門で仕事をしていくと、少しずつではありますが

野菜や果物の豆知識のような物や、売り場に出ている

ちょっとした秘密のような物が身についてきます。

 

特に今でも印象に残っているのが、

 

メロンの食べごろの見分け方です。

 

スーパーの果物コーナーで売られているメロン。

 

お中元などで売られる高級なメロンは、1個ずつ

丁寧に箱に入れられて、必ず同封されるのが

食べごろが明記されたカードがありますよね。

 

そのカードが手元にあれば、その日にちに合わせて

食べれば良いのですが、

 

スーパーで売られているメロンは、

全て裸の状態で売り場に並んでいるのがほとんどです。

なので、食べごろを教えてくれるカードもありません (^^;)

 

そこで今回は、そんなメロンの食べごろを

知る方法を書きます。(※私がバイトをしていた当時の情報です)

 

シフトワークス

〇〇の見分け方

 

メロンの見分け方は、2つあります。

 

1つ目

 ・メロンの底にあたる部分を、指で軽く押してみて

  プヨプヨする感触がある。

 

2つ目

 ・メロンを耳の近くに持ち振ってみて、

  実の中でガラガラと種が動く音が聞こえる。

 

 

この2点がメロンの食べごろを見分ける目安です。

 

ただ、実際の店舗で行う時は

不審者に思われないように気を付けて下さい(笑)

 

~続きます~

 

でぶあずき

 

 

ブログランキングにも参加しました!! 
よかったら応援のクリックお願いします (*´д`*)

日記・雑談 ブログランキングへ

Pocket